いろいろな業者が参入しています

ますます超高齢化社会が進み、孤立死や孤独死が年々増加している現代では、身よりもなく知り合いもなく、ひっそりと都会のアパートの一室で、老人が息絶えている現象が増えているようです。
孤独死者数は年々増加傾向にあるため、社会問題化しており、対策として、一人暮らしの老人宅を定期的に訪れるような行政サービスや、民間の有料サービスなども多くなってきましたね。

a0002_003636

しかし、実際には老人ホームにすら入れないというご年配の方も多く、病院に行くお金すらもないため、アパートでひっそりと一人で最期を迎えることになってしまったという方が、とても多くなっているようですね。
ほとんどの方の場合、家族や知り合いもなく、ほとんど他人のような親族が最終的に最期の遺品整理をすることになるケースも多く、一度もあったことがない場合や、何十年も前に一度あっただけ程度の親族が、誰も身よりがいないため、最後の片付けをされるケースも少なくありません。

形見分けをする間柄でもないため、遺品処分に困り、遺品整理を専門に行っている業者に、アパートの清掃や処分などを依頼する方が多いようです。
以前はいわゆるなんでも屋さんや、ハウスクリーニングを専業としている業者が請け負うことが多かったようですが、最近では新規参入してきた業種も多く、マンション管理会社やリフォーム会社なども新たに参入しているようですね。