遺品整理の内訳

遺品整理の費用というのは、人件費が一番高くついているため、企業ごとによって価格に違いがあります。     また地域によっても廃棄物の処理費用というのは異なるため、価格が異なってきます。

東京都でいうと、平均費用というのは、1Kで作業員数2人とした場合、平均費用は6万円となっていますが、各地域にいくと、値段が変動していくことになります。

dc183c6c.gif

遺品整理に必要とされる費用には、主に作業員の人件費や遺品の分別と梱包費、遺品の搬出や形見分けなどの運搬費、供養品や保管家財の引き取り料、家電リサイクル費用や収集代、部屋の清掃費や遺品の保管代金などといったものが含まれているとされています。遠方の場合、運搬費用が上乗せされるため、高くついてしまうケースもあります。

遺品の中で必ず出てくるのが不用品になりますが、不用品回収や不用品処分をする場合、業者によって計算方法が異なってきます。主に3種類あると言われており、一つはトラック1台の費用とオプション作業費用、もう一つは処理物の体積による回収と運搬費用プラスオプション作業料金、そしてもう一つが処理品個別ごとの回収費用や運搬費用プラスオプション作業料金といったものになります。
業者によっては、遺品の回収費用の一覧費用を掲載している場合もありますので、そういった料金体系が明快な業者を依頼すると良いのではないでしょうか。