不用品をためないこと

遺品整理と言えば亡くなられた後の遺族が行う儀式と思われがちですが、実は生前に自分で行っておくことも可能なことをご存じでしたでしょうか。生前整理とも呼ばれていますが、自分で事前に整理することも出来ますし、遺品整理の業者に依頼することもできるんですね。
では、どういったときに生前整理が行われるのでしょうか。自分にとって本当に必要なものだけを残したい、またはもしものときに、遺品整理で親族に迷惑をかけたくないといったことから利用されることから事前に整理をされることが多いようですが、処分するものが多すぎて自分では対処できないといった場合に、業者を利用するケースが増えているようです。
生前に整理をする場合、基本的には不用品の処分となります。普段全く使わないものについて、いるものいらないものの判断をし、使わないものを片付けるのではなく、不用品処分してしまうんですね。
もちろん廃棄する場合もあれば、買い取ってもらう場合もあります。こうして身の回りをすっきりとさせておくことで、もしもの場合に遺族に手間や費用をかけずに済むようですね。

a1180_002945

使えないものや使えるけど使わないものを死蔵物というのですが、高齢者の場合、この死蔵物が多いのが現状のようです。実際にタンスを開けてみると、着たこともない洋服をしまっているなんてことはありませんか?もったいないといった考え、捨てるに捨てることのできないものというのは、とても多くあるようですね。