最近は少子高齢化による問題のひとつとして墓が増え続けて管理ができていないようです。

子供がいない、いても女の子ばかりで嫁いでいない、また後継ぎがいても遠方に離れて住んでいるといったようなところです、また最近の方々はお墓参りに行くことも減っているため存在自体を忘れてしまい先祖代々続く墓が放置されるといった状況が増えています。

こうなると、やはりお墓をどうするべきか悩んでしまうものですよね。自分が生きているうちは問題ないけれど、そのままでは確実に無縁仏となってしまいます。

実はこのお墓もきれいに片付けてしまうといったことも可能なのです。ですが、無縁仏になってしまうことを考えればきちんと供養をすることでこちらのほうがいいのかもしれません。

お墓から墓石を撤去しさらにはお骨を取りだして更地に戻してしまうことなのです。これも自分が存命のうちに行う必要があり、生前整理と呼ばれる遺品整理として、行う方が増えています。

a0002_005212

このようにその作業自体は簡単なことなのですが、意外にもその過程が大変なんですね。まずはお墓の管理者にお墓の解約や撤去の申請を行うのですが、この話し合いが大変なのです。
特に寺院などでは離壇されては困るので結構無理難題をいうところもあったりします。ですから、墓じまいを扱っている業者や遺品整理業者に相談してみるといいかもしれませんね。
もちろん1社ではなく複数の業者と話をして見積もりをもらっておきましょう。料金体系が確立されていないので言い値の場合もよくあるようです。