自分の最期を考えてみましょう

最近では超高齢化社会となってきたと共に、医療や情報の発達も加速しているため、元気な高齢者というのが、どんどん増えてきていますよね。以前では還暦になれば、すでに老人の仲間入りとなっていたのが、最近では初老にも見えないほど、元気なお年寄りという方が多くなってきました。

genki

すでに60歳でお年寄りという言葉すら、失礼にあたってしまう世の中になっているかも知れませんね。そういった元気なお年寄りが増える一方で、やはり自分の年齢と、残りの人生を考えておき、最期をどう迎えるべきかと考えられる方も少なくないようですね。

早いうちからエンディングノートを書き記しておき、毎年、見直しをしながら、新しいエンディングノートを書いて終活をされている方や、家族が遺品整理などに困らないよう、不要品処分を始め、最低限の持ち物しか持たないようにしている方といった風に、さまざまな形で終活をされている方もいらっしゃるようです。

自分が素敵な最期を迎えられるための活動でもありますが、やはり愛する家族のために、どれだけ負担を減らせるか、あまり迷惑をかけずに済ませることができるかといったことがメインでもあるといえるでしょう。
全てゼロにしておくことは、さすがに出来ませんが、自分にとっては大切なものでも、自分が亡くなったときに周りが困りそうなものは、利用していないようなら早めに見切りをつけておくことも大切でしょう。